nec ll750/f スペック 6

ラインナップがCore i7を搭載するNX750とNX850の2機種に集約(Core i5搭載モデルはNEC Direct向けの「LAVIE Direct NEXT」へ移行)。NX850はCPUをヘキサコア(6コア)のCore i7-8750Hへスペックアップ。NX750はストレージをSSHDからHDD+intel Optaneメモリーに変更された。 このオークションの出品者、落札者は ログインしてください。 この商品よりも安い商品. 15.6型ワイドtftカラー液晶(hd:1,366×768ドット ledバックライト、ノングレア) lcdドット抜け*23: 0.00010%以下: グラフィック アクセラレータ: インテル® uhd グラフィックス 620 (cpuに内蔵、デュアルディスプレイ機能、スムージング機能をサポート) 基本情報. ーフィルター。ノングレア, HDMIポートからアナログRGB ミニD-Sub15ピンへの変換ケーブル. ワイド 選択可能. 匿名配送 . 内蔵ディスプレイ. ハイスペック スリムタワーPC. このオークションは終了しています. 23.8 型. ウォッチ 【最強 クアッドコ … なお、98NOTE時代と異なり、「V」が大文字となっている。これは、フランス語の「La」は冠詞であり、「vie」を小文字で連結するのは文法的に間違っているからだ、とされている。, 1997年9月、1998年2月に発表された初代のLaVie NXシリーズ。全機種でMMX Pentium(133MHz~最大200MHz)を採用。筐体はPC-9821Nwシリーズと非常に共通点が多い3スピンドル機であるが、兄弟機のVersaPro NXシリーズでは13.1インチXGA液晶搭載モデルも用意された。, 1998年6月~2000年2月に発表された、A4オールインワンタイプの3スピンドルノート。液晶は12.1インチSVGA・DSTN液晶から、14.1インチXGA・TFT液晶まで、CPUはMMX Pentium 233MHzからPentium II、Celeron、Pentium IIIまで、多彩なものが採用された。なお、2005年に発表された17型ワイドノート「LaVie TW」は別項で扱う。, 1998年6月~1999年1月に発表された、A4薄型タイプの2スピンドルノート。FDDは内蔵しない。液晶は当時としては高価だった14.1インチXGA・TFT液晶を採用していた。CPUはおもにカートリッジ形式のモバイルPentium IIを採用し、主力のLWに対して上位モデルの位置づけだった。なお、2002年・2003年・2005年に発表されたTV機能搭載ノート「LaVie T」は別項で扱う。, 1998年6月~2000年5月に発表された、B5薄型タイプの1スピンドルノート。FDD・光学ドライブは内蔵しないが、初期のモデルでは、底面に装着するドッキングステーションにCD-ROMドライブが内蔵されていた。液晶は10.4~12.1インチのSVGA・TFT液晶を採用し、末期に発売された一部のモデルでは12.1インチのXGA液晶を採用ていた。世代により、マグネシウム筐体であったり樹脂筐体であったりと、設計ががらっと異なる。, 1999年10月・2000年1月に発表された、A4オールインワンタイプの3スピンドルノート。CPUはモバイルPentium IIIの発表時最高クロックのものを常に採用し、大画面15インチXGA液晶を搭載したフラッグシップモデルであった。なお、2005年に発表された12.1インチワイド液晶搭載モバイルノート「LaVie A」は別項で扱う。, 2000年5月発表モデルから、パーソナル向けノートパソコンでは「PC98-NXシリーズ」の記載を徐々にフェードアウトさせ、代わりにタイプ名を指すアルファベット1文字(「LaVie MX」「LaVie RX」「LaVie TW」など一部タイプはアルファベット2文字)を冠することになった。これはパーソナル向けデスクトップパソコンの「VALUESTAR」も同様である。, 「LaVie」では「D」「I」「K」「O」「P」「Q」「V」がタイプ名として一度も使われていない。また、単独では「B」「H」「R」「W」も使われていない(「B」は「LaVie Light」「LaVie TB」、Hは「LaVie Pro」、Rは「LaVie RX」、Wは「LaVie TW」・「LaVie Tab W」のモデル名・型番の一部として使用されていた経歴がある)。, 尚、サーバPC(親機)をネットワーク経由でクライアントPC(子機)から遠隔利用できるLuiリモートスクリーン機能が新/C世代で大幅に強化され、従来は専用のハードウェア(PCIボード)で行っていた親機の画面転送機能がソフトウェアで出来るようになった為、Luiリモートスクリーン機能が利用できる機種を大幅に拡大した。具体的には, LaVie N(旧)の後継モデルとして登場した12.1型ワイド液晶を搭載するコンパクトノート。収納スタンド・外付スピーカー・充電器の3つの機能を持つ「ミュージックスタンド」を付属している。, シンプル設計のエントリーノート。「LaVie L」や「LaVie S」に比べプリインストールソフトが大幅に絞り込まれている。また、このシリーズは発売当初、販売店が限定されていたため、通常のカタログや、121.wareサイトには掲載されていなかった(専用のカタログが用意されており、121.wareの商品情報検索ページでカタログや仕様を閲覧可能)が、「新/F世代」から新シリーズとしてカタログモデルに昇格された。なお、「新/H世代」よりレノボ・G580シリーズのOEMとなった。, 大画面液晶搭載のファミリー向けホームノート。1機種のみの展開であった。ワイヤレスLANは非搭載。, 2000年7月に登場した、カスタマイズが可能なBTOモデル。NEC Direct(およびその前身の121@store)にて販売されている。カタログモデルと同様に、いくつかのタイプが設けられ、中にはNEC Directでしか発売されていなかった限定モデルや、本体のカラーリングが選べるモデルも登場している。ちなみに、同社デスクトップパソコンの「VALUESTAR G」についても同様である。, エントリーからファミリーまで対応する大画面ノート。LaVie TとLaVie Cの各シリーズの統合により、ここ最近はハイエンドまで対応しているため、現行のLaVieの中で一番歴史がある代表シリーズとなっている。, 12.1型液晶を搭載するモバイルノート。2004年春モデルを最後に一旦途切れていたが、2009年秋冬モデルから、廉価モバイルノートとして復活した。, セカンドマシンとしてはもちろん、メインマシンとしても十分に発揮するコンパクトノート。, ヘビーユーザーにも応える、B5ファイルサイズの高性能モバイル。ディスプレイ背面とキーボード上部にバッテリを備えた「デュアル・バッテリ」を搭載し、長時間稼動を可能にした。なお、当シリーズはすべてWindows 2000 Professionalを搭載していたモデルでもある。, ビジネス用途に特化した、Windows XP Professional搭載の大画面ノート。, 当初は音質にこだわった高機能AVノートとして展開されていたが、「新/A世代」でシンプルな大型ノートとして復活した。, パソコン初心者や不慣れな方に対応するため、ひと工夫の機能と充実したサポート体制を備えたモデル。開梱から初期設定までをスタッフが代わりに行う初期設定出張サービス(購入後1年間有効・1回限り)が無償付帯するほか、出張サポート料金の半額優待(購入後5年間有効・有効期間内なら利用回数無制限)、専用コールセンター(利用期間無制限・NEC製だけでなく、他社製の周辺機器やソフトウェアに関する相談も無料で対応)や専用サイトを用意しておりサポート体制も充実している。PC本体はスリムタイプの「LaVie S」をベースに、アイソレーションキーボードに一工夫(ローマ字入力の母音である「A」・「I」・「U」・「E」・「O」と小文字入力に使う「L」を青で区別、機能名に日本語表記を追加、英字や数字など利用頻度が高いキーは文字を大きめに、「Shift」キーで入力される文字を色分け)を加え、起動後「おてがるメニュー」が最初に表示されるので、目的を選ぶだけですぐにソフトが起動できるほか、いつでも「おてがるメニュー」を呼び出せる「ソフト」ボタンも備える。さらに、はがき作成などの作業も動画で見ながら進められる「動画ナビ」も備えている。, LaVieブランド初となるAndroid搭載タブレット。以前から同社で発売されているAndroid搭載スマートフォン・タブレットブランド「MEDIAS」やAndroid搭載タブレットブランド「LifeTouch」とは異なり、購入しやす価格とアプリを多くプリインストールしている。なお、このモデルの発表により、先に発表されたWindows搭載の「LaVie Tab W」とあわせて、「LaVie Tab」として新たにブランド化された。モデル名・品番名は"TE"から始まる。, 軽量で携帯性に優れ、スタイリッシュさを特徴とするAndroid搭載タブレットで、MEDIAS TAB ULの事実上の後継機種となる。モデル名・品番名は"TS"から始まる。, タッチパネル式液晶を搭載したタブレットPC。モデル名・品番名は"TW"から始まる。, タブレットとしても、パソコンとしても使用できる2WayタイプのタブレットPC。NEC製の個人向けタブレットPCは2003年1月発売の「LaVie TB」以来となる。品番・型名は「LaVie T」と同じく"LT"である。「LifeTouch」とは違う。, 当初はインターネットを気軽に楽しむ為に開発された、A4サイズのオールインワンコンパクトPCだったが、10年以上の長いブランクを経て、デタッチャブル式2in1タイプのUltrabookとして復活した。, 15.6型ワイド液晶を搭載したホームノートサイズのUltrabook。LaVie Z(「新/H世代」以降のモデル)を大型化したモデルともいえる。, 360度回転するディスプレイの採用でノートPCにもタブレットPCにもなる2wayタイプのコンバーチブルタブレット。, 2015年1月発表モデル(2015年春モデル)より、デスクトップPCの「VALUESTAR」を吸収統合した新生「LaVie」が誕生し、シリーズ名を刷新。同時にモデル名・品番名も変更された。, 2015年5月発表モデル(2015年夏モデル)で1997年の「LaVie NX」から約17年にわたって使用してきた「LaVie」からすべて大文字の「LAVIE」に表記が改められ、2004年1月発表(2004年春モデル)モデル以来、約11年4ヶ月ぶりにブランドロゴを刷新した。, 「VALUESTAR N」・「VALUESTAR S」後継の一体型デスクトップモデル。モデル名・品番名はDAから始まる。, 「VALUESTAR L」後継のセパレート型デスクトップモデル。モデル名・品番名はDTから始まる。, 「LaVie G」・「VALUESTAR G」後継のBTOモデル。カタログモデル同様にいくつかのシリーズがあり(「Hybrid Standard」及び「LAVIE Tab」全シリーズを除く)、仕様を選択可能とすることでカタログモデルにはないハイスペック仕様にすることも、価格を抑えた廉価仕様にすることが可能。前身の「LaVie G」・「VALUESTAR G」同様、NEC Directのみで扱う。モデル名・品番名はデスクトップPCはGD、ノートPCはGNから始まる。, 前述のとおり、2017年7月からは店頭販売もされていた「Desk Tower」が「Direct」専用モデルの「LAVIE Direct DT」へ移行した。, 2020年春モデルで登場した、デタッチャブルタイプの小中学生向け2in1モバイルノート(デタッチャブルタイプの2in1モバイルノートの設定はHybrid ZERO以来となる)。モデル名・品名はFMから始まる。, 「Desk All-in-one」の後継モデル。モデル名・品番名はHAから始まる。, 2019年秋冬モデルで新設されたモバイルノート。但し、モバイルノートと言っても家庭内で使用するメインPCとして想定されており、軽量化を図るため光学ドライブレス(別売りの外付け光学ドライブに対応)とし、モバイルノートでは大きめの14型ワイド液晶を搭載している。モデル名・品番名はHMから始まる。, 2015年春モデルで新設された大画面2in1ノートモデル。15.6型ワイド液晶を搭載しながら、360度回転するヒンジ構造でディスプレイの開度により、ノート・フラット・テント・タブレットの4通りの使い方ができる。さらに、フラットモードより大きい開度(180度以上)になるとキーボードの周囲がせり上がってキートップと高さが揃い、ラバー製のキーボードガードもせり上がってキーボードが外側に向いた時でもキーボードを保護する「ライジングキーボード」機構を採用した。モデル名・品番名はHAから始まる。, 2015年春モデルで新設された一体型フリースタイルモデル。大画面ノートと同じ15.6型ワイド・フルHD液晶を搭載するが、奥行160mmのコンパクトボディとしており、キーボードは本体に収納できるワイヤレスキーボードとして分離。ディスプレイは無段階の角度調整機能を備えている。モデル名・品番名はHFから始まる。, 2015年春モデルまで発売されていた「LaVie U」後継のデタッチャブル式2in1タイプのUltrabook。モデル名・品番名はHSから始まる。, 「LaVie Z」後継の軽量・薄型モバイルノートモデル。モデル名・品番名はHZから始まる。本モデルは日本以外でもレノボの「Lenovo LaVie Z Laptop / LaVie Z 360」として販売される[2]。, Note Standardの後継の15.6型ワイド液晶搭載ノートモデル。モデル名・品番名はN15から始まる。Note Standardは長らくレノボのIdeapadを元にカスタマイズされた物となっていたが、本シリーズからは再びNECオリジナルとなっている。, 2017年春モデルで新設されたエントリークラスのモバイルノート。消費電力や発熱を抑えた省電力仕様のCPUを採用するためファンレス設計となっており、ストレージは全モデルSSDを搭載する。モデル名・品番名はNMから始まる。, 「Note Standard」のプレミアムモデルを発展する形で、2017年秋冬モデルから設定された大画面ノートのフラッグシップモデル。挟額縁ガラス液晶を採用しており、キーボード周りにスピーカーやボタンを無くしたシンプルデザインが特徴である(なお、電源ボタン(Windows Hello対応指紋認証機能内蔵)は右側面に、スピーカーは背面に移している)。モデル名・品番名はNXから始まる。, 「LaVie L」・「LaVie S」・「LaVie E」後継の大画面ノートモデル。モデル名・品番名はNSから始まる。, 2019年夏モデルで新設されたモバイルノートで、「Hybrid ZERO」の後継機[3]。天板は他のLAVIEシリーズと異なり、中央に2つの直角二等辺三角形を組み合わせた「Wトライアングル」と呼ばれるシンボルのみが記されたデザインとなる。モデル名・品番名はPMから始まる。, Android搭載タブレット。新生「LAVIE」に移行後も従来のシリーズ名を引き継ぎ、モデル名・品番名も従来どおりTEから始まる。, Android搭載タブレット。新生「LAVIE」に移行後も従来のシリーズ名を引き継ぎ、モデル名・品番名も従来どおりTSから始まる。, Windows搭載タブレット。新生「LAVIE」に移行後も従来のシリーズ名を引き継ぎ、モデル名・品番名も従来どおりTWから始まる。, 2020年春モデルより導入されたクリエイター向け大画面ノートモデル。モデル名・品番名はLVから始まる。, レノボ、Windows RT搭載コンバーチブル・タブレット「Ideapad Yoga 11」など4機種を発表, LaVie Z Lightweight Laptop | Lightest 13.3" Laptop | Lenovo US, LaVie Z 360 | Our Best Lightweight 2-in-1 Laptop | Lenovo US, NEC PC「LAVIE Pro Mobile」は軽量を意識しつつ、バッテリ/デザイン/剛性のすべてを妥協せず, NEC初の本格的パソコン登場より40年 40周年記念モデル「LAVIE Pro Mobile」に特別色を追加, “2019年秋冬モデル:ダイレクト販売専用2シリーズを発表 13.3型モバイル「LAVIE Direct PM(X)」と分離型デスクトップ「LAVIE Direct DT」”, http://nec-lavie.jp/common/release/ja/1910/0101.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=LaVieの機種一覧&oldid=79391739, 1995年11月に発表された、普及機。すでに1995年5月に発表されていたがこの時は冠されておらず価格改定を機に冠される。TFT10.1インチ(Ne3)またはDSTN10.4インチ(Nd2)の640×480ドット液晶、iDX2 50MHz。CD-ROMドライブ、拡張バスは無い。HDDは98NOTE伝統のパック形式, 1995年11月に発表された、98NOTE Lavieの名を冠する初代機。10.4インチ800×600ドット液晶、Pentium 120MHz(Na12)/90MHz(Na9)/75MHz(Na7)から始まり、12.1インチ1024×768ドット液晶、Pentium 150MHz搭載のPC-9821Na15/X14(1996年8月)で一応の完成をみた(すべてTFT液晶)。筐体色は伝統的なグレーを配した3スピンドル機で、FDDおよびCD-ROMドライブはいずれもベイ化され、容易に着脱が可能だった。また、HDDも98NOTE伝統のパック形式(薄型)を採用していた。拡張バスは前モデル(Ns/Np/Nf)より198ピンに拡張され、ドッキングステーション(ファイルスロットorCD-ROM、汎用拡張バススロットx1)に接続可能(110ピン変換コネクタ有)。なお、1995年7月発売の初代NaのNa7とNx(iDX4 100MHz 640x480ドット)には冠されていない。Na12は/Hと/Sではウインドウアクセラレータ等の違いが有る。, 1995年11月に発表された、ビジネスノート。10.4インチTFT640×480ドット液晶、Pentium 75MHzのNb7と、800×600ドット液晶、Pentium 100MHz搭載のNb10がある(各々下位モデルにDSTN有)、ベイは一つでFDDとCD-ROMドライブを排他使用する。HDDは内蔵で中を開けないと変更できないがベイに追加できる。, 1996年11月に発表された、2世代目の98NOTE Lavie。筐体色はブラックに一新し、電気的にはPCIバス2.0互換である「コミュニケーションスロット」により、FAXモデムまたは100BASE-TX LANの追加がPCカードスロットを使わずに可能だった。12.1インチ800×600ドット液晶、Pentium 150MHz (Nr15)/133MHz (Nr13)/120MHz (Nr12)のほか、1997年1月には13.1インチ1024×768ドット液晶・MMX Pentium 166MHz搭載モデル「PC-9821Nr166/X30N・/X30F」が投入された。反面、FDDとCD-ROMドライブは排他使用となり2スピンドル化され、HDDも中に内蔵、また下位モデルに応答性に劣るDSTN液晶が採用されるなど、コストダウンの影も見られた。なお、これ以降に発売された機種 (PC-9821Nr150/S20, 233, 266, 300) に関しては、, 1997年5月に発表された、3世代目にして最終形態となった98NOTE Lavie。筐体色はブラック。12.1インチ800×600ドット液晶、MMX Pentium 150MHz(Nw150)/133MHz (Nw133) の2モデルが「Nw」を冠するが、PC98-NX発表後のPC-9821Nr150/S20、Nr233、266、そして最後の98NOTEとなったPC-9821Nr300/S8TBも、本シリーズをベースとしている。FDDを内蔵し3スピンドルに戻った(PC-9821Nr150/S20はCDドライブ非搭載のため、引続き2スピンドルである)が、ドライブ類の着脱は一切できなくなり、またHDDもフレキシブルケーブルによる直結に変わった。FAXモデムを内蔵したのが大きな特徴(PC-9821Nr150/S20、233、266、300では省かれた)だが、その反面、LANの追加にはPCカードスロットを必要とした。, 本シリーズは、他のPC-9800シリーズにある「IDE 4.3GBの壁」がなく、約31.25GBまでのIDE HDDを認識可能。ただし、NEC製のOS付属のフォーマッタは、, PC98-NXシリーズの初期のノートPC(LV13C、VP13Cなど)でも、PC-9821Nwシリーズと同じ筐体が使われていた。, ただし、その後もPC-9821Nr233・266・300は引き続き「98NOTE Lavie」であった。, PC-9821Nw150と同様、オーセンティック社製のフラットパネルスピーカーを液晶パネル裏側に収納できる機種も生産された。.

取手 市 採用 コネ 12, ゴールデンレトリバー アメリカ系 ブリーダー 4, 佐藤健 永野芽郁 キスシーン 4, アディクシーカラー 白髪染め レシピ 5, Bootstrap 中央寄せ 上下 10, 戦国無双 真田丸 操作方法 18, 住友生命 バイタリティ アクティブチャレンジ 8, ボーダー ランズ 3 マウスピース周回 15, トラック リヤ フェンダー 割れ 車検 4, 千住 大橋 二郎 テイクアウト 15, Pso2 Pcと Ps4 21, しょぼんのアクション 匠 攻略 12, 税務署 横領 告発 10, Toefl Itp 平均点 東大 46, 二階堂 酒造 息子 20, マイライフ オリ変 上書き 9, ビギン 漫画 最終回 19, サクラ大戦3 Pc Iso 7, イチロー ランニングホームラン 海外の反応 40, 恩田快人 Eternal Music 4, Hp Spectre X360 15 2020 発売日 5, ドラゴンズドグマ 修道院 クエスト 6, Google チームドライブ 料金 5, Inode Table Usage 6, 4k 動画 静止画 5, 人間 寿命 限界 4, 身長170 サバ 2ch 37, 力士 髷 階級 21, うさぎ 足ダン しない 5, ハイエース シャックル交換 構造変更 4,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *