知的障害 結婚 反対 6

その彼は昨年別の女性と結婚され、今独り身で中々人を好きになれない私は何度も彼の事を思い出してしまい辛い日々を過ごしています。もっと早く自分のことに気付けていればよかったと後悔してもしきれません。, 分かります。私は家族の発達障害をもっと早く知り特性を理解していれば、家族との対立を大分ふせげてたと悔やみました。 親に結婚を反対されています。理由は彼の姉に知的障害があるからです。親にそのことを話したところ、子どもに遺伝したらなどの理由で交際に猛反対されました。話し合いをし、結婚に関してはもう少し考えなさいということでしたが(共感順) Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 求めている企業をみつけませんか。, お伝えしたいのは、ご家族を責めないであげてください。結婚を反対されている原因が障害を持つ方にあるということで、つい感情を向けてしまうこともあります。辛いかもしれません。, 必要なのは、それでも受け入れるくらいの「心のゆとり」です。そのゆとりが、相手や相手のご家族に安心感を与えます。辛いですが、あきらめずに伝えていきましょう。. 当事者なら誰でも直面し悩むことですよね。 結論からいえば、精神障害者の結婚は可能です! 私はまだ診察を受けていませんが最近特に生きづらさを感じもしかしたらと様々なADHDの記事を読んでいると殆どの内容が自分に当てはまることに驚きました。両親も弟もこの傾向が見られます。 長女は広汎性発達障害と軽度知的障害の持ち主で、次女は定型発達だけど二回の不登校の経験者です。 ご両親と森さんは、親子でいらしても人生も違い、そして違う人間です。 当事者なら誰でも直面し悩むことですよね。 結論からいえば、精神障害者の結婚は可能です! まずは、実際にどのような求人があるのか情報をみることからはじめましょう。※会社名は非公開です, 【登録無料】会社名が公開された状態で詳細な求人内容を閲覧できます。あなたの強みを企業に提案していきましょう。, あなたの「好き」を『伸ばす・活かす』サポートをいたします。 やっぱり親が反対しちゃうんだよね・・・ 軽度知的障害の場合. 今後のよりよい人生のために、ブログが不十分でしたので追記致しました。 「突然暴れだしたらしたらどうしよう」 よろしければご覧になってください。ありがとうございます。, はじめまして。 セカンドオピニオンもあります。ご自身の回復についてご相談されてください。, はじめまして。とても共感できる記事でした。 あまりわからない . 人は、一番近い関係のパートナーを無意識に親の代わりとして選ぶ。 彼氏彼女、妻、夫が発達障害adhdであるのは、引きよせる理由がある。 引きよせ合うとは、縁がある、類は友を呼ぶ、同じ次元、であるという。 親の代わり、つまり馴染みのあるパートナーを恋愛、結婚相手として引きよせる。 結婚に反対の親 43% 結婚に賛成の親 17% 2016年手をつなぐ育成会連合会調べ . きょうだい児の方、障害を持った子どもを持つ方それぞれ大変だと思いますし、結婚に対しても色々思いはあると思います。, ですが今回は、「きょうだい児と結婚した私」の立場での正直な気持ちを書きます。ご理解ください。, 私はこれを、付き合ってから知りました。結構軽い感じで話されたのもあって、私もそんな重大にとらえてはいませんでした。(職場恋愛です), 正直、付き合っている間は相手の家族がどうであろうと自分には直接関係なかったんですよね。旦那(当時は彼氏)といれる間が楽しかったので、それだけで良かった。, 覚悟してから結婚→妊娠したのならまた違ったのかもしれません。私の場合恥ずかしながら出来婚だったので、余計です。, 自分がいざ妊娠して、ここまで子どもの健康が気になるとは…。母親として当然の心理なのかもしれませんが、妊娠前は想像もしていませんでした。, 自閉症は、生まれてすぐはわかりません。症状が出てくるのは1歳とかから。正式に診断がつくのが3歳を過ぎてからと言われています。, なので、出産してからも子どもの一挙一動が気になっていました。何か変わった行動をするたびに「自閉症 〇〇(行動)」等で調べる日々です。息子は言葉も遅く、意思疎通もなかなかできなかったので悩みは長く続きました。, 私の気持ちが落ち着いてきたのは、長男が2歳をすぎて自閉症の重度の可能性が少なくなってから。, 軽度の発達障害であれば、みんなと一緒に就職することも可能です。でも、もし子どもが重度の自閉症だったら、意思疎通が出来るかわからない子どもを一生面倒を見ないといけないかもしれません。それが怖かったんだと思います。, 私が経験したような気持ちを子どもたちの配偶者も味わうと思うと…子どもたちの結婚は不安です。, 親がしっかり貯金をしてくれているのなら、施設に入る目途がついているのなら、大丈夫かもしれない。, だけど、どうなるかはわかりません。もし急に義親に何かあったら、子育てと並行して障害のある兄弟の面倒をみることになるかもしれません。2人目を諦めて障害のある兄弟の世話をすることになるかもしれません。, 「施設に入れる」なんて軽く言うけれど、実際は施設なんて簡単には入れなさそうですよね…。, 申し訳ないけれど、私は「障害児の面倒を見なくてもいい」という話を結婚前に旦那としました。一応旦那は「大丈夫」と言っていますが…実際はどうなるかわかりません。少しは覚悟しています。, よくきょうだい児の方で、「親が(障害のある兄弟の)将来は心配せずに、自由に生きればいい」と言っている方を見ます。すごく羨ましいです。, うちの義母は「将来あなたに面倒見て貰わなあかんから」みたいなことを普通に言ってくるタイプ。, 義親が亡くなってしまったら、障害を持った兄弟の世話を自分が引き継がなくてはいけないかもしれません。, 大人になって落ち着いている方も多いのかもしれませんが、旦那のきょうだいの場合は「暴れて店の外装を壊した」「付きまといをした」等警察沙汰になったこともあります。子供なら何とかなるかもしれませんが、自分とそう変わらない年齢の男性がそれをする訳です。, そんな力も体力もある大人の面倒を見るのは…いくら好きな人の兄弟とはいえ、どれだけ大変か想像もつきません。, 上であげた3つの気になったこと。私は特に遺伝の件がとても怖かったです。結婚できるかは、これらの覚悟を出来るかどうか…じゃないかな、と思います。, 実際障害児に偏見を持っている方は多いので。「兄弟の障害を理由に家族に結婚を反対された」ってよく聞く話ですよね。, もし自分の子供に遺伝が出て障害児になったら、今度はそれが自分の兄弟の結婚に影響がでる可能性もあります。, 「そんなことで差別する人はお断りだ」と、そんな風に思える心の強い人だらけなら問題はないかもしれませんが…。そんな人ばかりではありません。, なので、家族のことを考えると自分ひとりの気持ちだけで突っ走ることも…できないですよね…。, それは今もかわりません。何かあったらすぐ私のことを心配してくれるし、当然私たち2人の子どもは可愛いし。本当にいい人と結婚したな、と思っています。, ただ…ごめんなさい、子どもにもし重度の障害があったら…同じ気持ちになれたかは、わかりません。, 「障がい者が身内(おじ)にいる子の親」となった私としても、こんなに嬉しいことはないです。. コミュニケーションが上手くいかず、喧嘩が絶えません。 発達障害という言葉も、ここ最近メディアなどで取り上げられる機会が増えてきました。その影響で、発達障害を知っているという方も増えてきたのではないでしょうか。特徴を理解し、受け入れやすい社会になりつつあります。, しかしながら、「結婚」というとどうでしょうか。一生にかかわることだけに、「大丈夫だろうか」という心配が先行します。当事者本人だけでなく、相手の家族に発達障害を持つ方がいることで、結婚を不安視する両親もいます。, 今回は、あなたの親や兄弟が発達障害を持っている場合、 付き合って約2年になる彼女がいるのですが、彼女の弟さんが知的障害者です。彼女にとって弟さんの事を話すのは非常につらいことで、なかなか聞けなかったのですが、「将来(結婚)のことを考えて話してほしい」と私からお願いして、よう 「ふとした言動で急に体調が悪くなったらどうしよう」 でも「できない」という理由も確かにあります。 そこで、精神障害者が結婚できない理由を考えてみたいと思います。, 身体障害者より、精神障害者の方が結婚していない方が多いデータです。 身体障害者より、精神障害者の方が様々な悩みが伺えます。, 仕事的にも健康的にも不安が強いのはやっぱり精神障害の方。 でも「結婚したい!」と願うのは障害に関わらず、多くの人が夢見ています。 恋愛と結婚は違います。 まず意識が違います。覚悟が違います。 結婚を意識していない、その場だけの恋愛には責任も覚悟もないと言っても過言じゃないと思います。簡単に性行為に及んでしまうあたり、なんて軽い思いなんだろうと思います。 本当に大事で、本当に大好きなら、会って初日に性行為しないですよね?それはただの欲望です。 おっと・・いきなり感情的になってしまいました、失礼。, 結婚を望んでいる独身精神障害者の大きな不安は、金銭面と仕事です。 お金がないことには生活はしていけませんし、障害年金を頂いていても自分の生活さえ守ることは大変です。一人暮らしなら家賃などの生活費と食費や日用品をうまく節約しなければ、なかなか難しいですよね。 仕事を現在していなくて、結婚をして将来子供も欲しいとなった場合、夫婦の負担は増していきます。, 子供を授かっても、養えずに預けるという選択をした母親もいます。 医療費の確認、受けられる公的サービスはないか確認、特に自立支援医療は受けましょう!, 精神障害は精神科との付き合いがめっちゃ長いので、受けられる支援は受けましょう。市役所の障害福祉課で相談できます。 精神障害者手帳があると、バスやNHK受信料の負担が軽減されたりします。 映画も安く見られるので(付き添い人も安くなる)、あると何かといいですよ。 ※診断書が必要なので症状が軽ければ受けられない可能性あり。 結婚での大きな問題は、男女の差です。 女性は仕事が出来なくても専業主婦として、家庭を持つことができます。男性に経済力があり、収入が安定しているなら女性も安心ですよね。 しかし男性の場合はそうともいかないようです。 一般的な婚活の条件では、「仕事をしている(定職に就いている)男性」とあることが多いです。収入を見ますよね。 男女で共通している項目は「心身共に健康であること」という条件が多いです。精神に限らず、障害者は婚活さえ難しい社会。 結婚して家庭を持つ、ということを考えるなら無理もない条件設定だと思います。 でも!!諦めるにはまだ早いです。 世界にはたーくさんの人がいて、男と女がいます。 出会いはいくらでもあります。 でも仕事をしておらず、収入が3万もないとするなら、やっぱり大変なのは実情です。 現状を見つめ直すことも大事。 なぜ仕事が出来ないのか?を考えることも大事。 結婚(恋愛)することと、病気を治すこと、軽減する努力のどちらが先決かを、まず考えることもとっても大事です。 身体障害の方は動けて働ける場合が多いと思います。車椅子だったとしても、出勤して仕事はできます。(もちろん障害の種類や程度によります) 精神障害の方は、働きたい意思があっても動けなくなる場合が多いのです。, なので、これまで元気にバリバリ働いていたのに、精神を患い家から動けなくなった、というパターンも大いにありえます。 また、感情に直接関わってくるものも多いため、「もう全部やだ・・」とか「私なんて・・」というネガティブな思いを抱いたりします。 そうなると仕事や恋愛どころじゃなくなります。最低レベルの生活すら危うくなります。 でも恋愛はしたかったり。 恋愛というか、理解してくれて一緒にいてくれる人、そばにいてくれる人が欲しい、愛して欲しい、というような感じでしょうか。 憂鬱な時って、寂しさが増しませんか? ストレスが溜まった時とか。そういう時に衝動的に走る恋ほど危険なものはないです。 30代、40代以上になると、人によっては焦り始めるかもしれません。特に男性は。 働きたい、結婚をしたいという願いを持っていても、「働けない、結婚できない」という思いの方が上回ります。 しんどいことです、女性でも男性でも。 40代以上となると、また結婚は難しくなっていきます。本人の努力だけではどうしようもないことも出てきてしまいます。 同年代で理解のあるよいパートナーを見つけられることが1番理想ですが、40代後半の男性が、20代の健常者の女性を望んでいるなら、結構無理のある相談です。 男性の場合で言えば、寛解状態まで症状が安定し、作業所ではなく一般就労か障害者雇用で働いていることが理想だと思います。 正社員なら1番良いと思いますが、働いていないブランク期間が長いとなかなか難しいです。 無理をして、悪化させたら元も子もありません。 アルバイトから始めて、ゆっくり結婚に向けた準備をするのがいいんじゃないかなと思います。 相手の女性が健常者であれ、同じ障害者であれ、社会に出ていない人と結婚するのはとても不安です。 そして、精神障害の男性の場合は、もちろん寛解することが目標ですが、理解があって経済力のある女性が現れてくれたら、結婚へも前向きになれますね。 今は女性も強くなってバリバリ働いていますから、かなり希望あると思います。 女性の場合でも、やっぱり症状の寛解が目標。 よい旦那さんと巡り会えても、症状の波のせいで円満な夫婦生活を送れなければ悲しいですよね。 子供が欲しいならなおさら、症状を抑え、養育できるスキルを身につけることも大事です。 出会いの場として、一般の結婚相談所、婚活パーティーはオススメしません。 金銭面、健康面で条件に合わないので後々「こんなはずじゃなかった」と相手に言われない為にも避けておいた方がいいと思います。 障害者を受け入れている婚活サイトがあったので紹介しますね。, このサイトにも書いてあることですが、「自立した」というキーワード。 障害の有無に関係なく、「結婚できる状態か?」は必須で見直す必要あり。 結婚以前の問題があるなら、まずはそこから。 安易に出会い系サイト(アプリ)を使うことも控えた方がいいです。特に女性は自制して、気をつけてください。 ネットを介した出会い系ではなく、きちんとした結婚相談所をオススメします。結婚の意志がある場合、第三者の意見を聞くのも良いと思います。 親や主治医などから、現在の状態で婚活しても大丈夫か、などを聞いて自分を客観的に見ることも必要です。障害のある方は第三者を介して、時々で相談出来るようにしておくと、安心感が違うと思いますよ。 諦めるのは早いです! (私自身、希望を持ってます), ほとんどの障害が、生涯にわたって付き合っていくものです。 身体であれば完治する病気があっても、精神・知的は脳に異常がある場合も多いので、完治ではなく、寛解が1番いい状態です。(うつ病は早期治療で完治しますし、治る病気もあります) 身体障害は身体的な苦痛や、思い通りにいかないもどかしさがあると思います。しかし精神・知的は心、思いに関わるのでまた違ったしんどさがあります。 自分の本心とは逆に「死にたい」「私は要らない」という思考が24時間襲ってくるのって、恐怖だと思いませんか? 特に知的障害の方は結婚が難しいとされています。意思疎通が難しかったり、本人に生活を正そうとする気持ちがなかったりするからです。(その人によります) 精神障害と違って、憂鬱や罪悪感によって調子を崩すというよりは、自分の思いのままに生活し、配偶者とのコミュニケーション不足、行き違いや、子供の面倒を見ることができない(難しい)ため、結果離れ離れになった方も、私の知人にいます。 と言ってもきちんと言葉は聞いているので、理解が遅かったり反応が悪かったりしても、人格を傷つける行為・発言は絶対NGです。 逆に、思ったことをすぐ口に出す場合もあるので簡単に「死ね!」と言ったりすることもあります。 正しい障害の理解が必要です。 精神障害の場合は、「申し訳ない」とか「何も出来なくて恥ずかしい」とか「必要のない存在だ」とも思ってしまいがち。 そんなことないのに。 「病気が言わせていること、病気の症状」と、「本人の本当の気持ち」を本人もパートナーも知っておくと生活がスムーズだと思います。 病気が言わせていることに、自分の思いを寄せる必要はありません。 精神障害の場合は、必要な治療(主に診察、服薬)は続けながら、前向きに考えるのがいいと思います。 恋愛は出来ます! 結婚も出来ます! 症状には必ず波もあるので、自分の症状がどんなものなのか、こういう時はこうやって接してね、など取り扱い説明書を作って渡すのもいいと思います。相手も安心すると思いませんか? 相手が1番悲しいのは「好きなのに、何も知らない」ことじゃないでしょうか。好きなら、何でも知りたい、支えたいと思うはずです。 結婚を前提にお付き合いを始めるなら、障害との向き合い方についても話し合いたいところ。相手や、両者の家族の理解もあるならより安心です。 うつや双極性障害で、調子が悪い時って本人もどうしたらいいかわからなくなります。そんな時、経験していないパートナーに適切に接してほしいと思いながら、冷たくされたりしたら悲しいですよね。 調子がいい時に自分の症状と向き合って、パートナーと話し合う時間を持つと、いざ結婚となっても一緒に暮らしやすいと思います。 今恋人がいない人でも、月にどれくらいの医療費がかかっているのか、など生活資金に関わることは見直しておくといいと思いますよ。 服薬治療をしているなら、結婚(お付き合い)前から、なるべく自分で服薬管理が出来るのが理想。パートナーはヘルパーじゃないので、できることはやるという努力も多少は必要です。 うつ状態であるなら、朝起きて日中作業をして夜に眠る、という普通の生活をすることや、顔を洗うこと、歯を磨くこと、お風呂にはいること、など基本的な身だしなみを整える努力をしましょう。 うつが酷いと本当に何も出来ない状態になります。, なるべく動いた方がいいけど、何も出来ない時は無理しないで休養がいいです。 週に数回は外に出る用事を入れておくと体調が安定しやすいです。友人と会うなどがいいですね。 うつ病や双極性障害で専業主婦になるとすると、自傷などの危険性も考えておいた方がいいかもしれません。家に1人で籠ることは、何かと危険があることも頭の隅っこに入れておくといいと思います。 昔、うつ病の奥さん×健常者の旦那さんという夫婦の、旦那さんが書いていたブログを読んだことがあります。 奥さんは専業主婦で、旦那さんは働きに出ている家庭。 奥さんが無理ない程度に家事をして過ごしているのですが、旦那さんが家に帰ると奥さんが自殺しようとしていて、慌てて止めたという記事を読みました。結局、この女性は自殺してしまったそうです。 また、奥さんが統合失調症で、旦那さんが健常者という夫婦のブログでは、旦那さんが日中働きに出ている間、訪問介護や家事代行などを頼んで彼女を1人にしない工夫をしている様子が書いてありました。 夫婦で話し合って、片方に大きな負担がかからないように注意したいところだと思わされました。 精神障害者の健康面の不安は結構ありますが、やっぱりまずは症状の安定と、基本的な自立した生活が出来ることが先決です。, 『精神障害者が結婚できない理由①金銭面・仕事の不安』と『精神障害者が結婚できない理由②健康面の不安』の項目で、いろいろ書きましたが、「じゃあ貴方はどうなのよ?」ということで、私のことを書きますね。 私は精神障害当事者です。通院しています。服薬はしていません。 現在20代後半で恋人なし、結婚歴なしの未婚です。恋愛経験はなぜか豊富です(小声) 精神障害者手帳2級ですが、支援を受けながら暮らしています。 治療を根気強く継続した事と、実家にいる時に簡単な家事の手伝いや、生活を正す努力もしていたので、現在は家事もやってます。ヘルパーはつけていません。 結婚に対する思いは、高校生くらいまではありましたが、うつ症状がひどくなってきて結婚願望は消え失せました。 人生には絶望感しかなくて、「私なんか誰も好きにならない、結婚なんかできない、したくないし、子供もいらない」という考えでした。(めっちゃ鬱でした) 現在は症状がなくて落ち着いています。結婚に対する考えも変わり、今は結婚願望復活しました。(本当の私は結婚願望あったんです) ただ、収入面でまだ問題があるので、健康面はクリアしましたが、収入・仕事面をクリアするために、まだ訓練が必要だと思っています。 パートで働いていますが、短時間なので収入が少ないです。現状としては、今詰めて働いて収入を上げることより、できる仕事を継続して、支援を受けながら生活を続けることがいいと思ってます。 無理のない程度に徐々に収入を上げられるなら、一番いいかなと思います。 結婚したとしても、専業主婦ではなく、週3でもいいから働きに出る方が健康面でいいと思っています。引きこもり状態は避けています。 引きこもっていると、身だしなみも雑になりがちだし・・。 結婚願望、恋愛したいという気持ちはあるけど、今の私はまだ恋愛モードにはなっていません。ちなみに恋愛できる状態ではあると思ってます。が、結婚出来る状態ではないと思ってます。 まずは自分の生活を守られるか?です。 結婚は、相手に助けてもらうのではなく、自立している両者が、お互いに補い合って、愛し合うものだと思います。その力が、今の私にはまだないかなーと思っています。 ただ、いい出会いは今すぐにでも欲しいです(笑)正直なところ、今年に入ってからも好意を受けたことは幾度かありましたが、私はひたすら断ってました。 相手の気持ちがなんなのか?を見極める目が女性には必要だからです。 ただの衝動的な「こいつおれのものにしたい」的な欲望なのか? 「優しくしてくれるから付き合いたい」というような甘えなのか? 本当に想ってくれていて、覚悟があるのか? 言葉ではなく、態度で判断します。 私が結構しっかりしてる性格なのもあって、甘えられる恋愛も多かったのですが、そういう男性はダメだと思います。自立してないからです。 依存するような恋愛は、結婚できません。 私は1年ちょい前にクリスチャンになりました。 そこから結婚願望が復活したんですが、結婚観が変わりました。 今は冷静に、慎重に考えています。 行動に移す時に行動できるように、今は自分を整えているって感じですかね。 私自身、精神障害をもって結婚を諦めていましたが、諦める必要はなくて、もっと前向きに考えてもいいんだなーと思えるようになりました。 素敵な人と巡り会って結婚する。 精神障害があるからといって、諦める理由はありません。, 結婚に対して夢を持つことは自由ですが、結婚相手に厳しい条件を持ったり、甘い生活を妄想していても、それはただの妄想です。 それで満足するならそれでもいいんですが、相手に負担がかかる恋愛は避けた方がいいです。 自分の症状をコントロールできないままで、相手を束縛したり、ストーカー気味になったり、愛情としてプレゼントを欲しがったり、相手の内面を見ない恋愛は危険です。 もし自覚があれば改める必要があります。結婚はできません。相手が離れます。 ちなみに私も、気分の波が激しかったときはだいぶ相手に迷惑をかけ、心配をかけ、結局相手に呆れられて捨てられました。 「もうお前には付き合いきれない、勝手にしろ」 病気の症状で不安定だったとはいえ、だいぶ辛いものです。 継続したお付き合いを望むなら、衝動的な行動とか、依存的な行為は改めるべきです。 以前身体障害を持った女性が書いたエッセイ本を読みました。 施設に通っていて、とても優しい職員の男性(健常者)がいて、恋をしました。 ある時、思い切って告白をします。 すると、その男性は「障害者とは付き合えない」と、バッサリ断ったそうです。 女性はかなりショックを受けたのと同時に、現実を見ました。 職員として(仕事として)優しいだけ。福祉の仕事をしていても、実際障害者と付き合えるか?といったら、そうではないかもしれない。 もちろん、本当に優しい人も世の中にはいます!が、こういうパターンが多いことも確かです。 前に症状が悪化して入院した時、あるイケメン看護師さんに淡い恋心を抱きました(笑) 安心するからという理由で、手を繋いで散歩したりしていましたが、心の中では「今だけ、、」と思いつつ過ごしていました。 結局告白というか、「ごめんなさい、好きです」と想いだけ伝えました。 その看護師さんは奥さんがいて、小さい子供がいたので「付き合いたいんです」というような告白ではなく、「あなたが好きです」という想いをつたえる目的の告白です。 スッキリしたかったし。スッキリしました。 その方は本当に素敵な方で、私の想いもわかってくれたので、ただ「ありがとう」と言って受け取ってくれました。寂しさがひどかったので、「ありがとう」と言ってくれたことは救いでした。 カウンセラーや精神科医、看護師って、患者から好意を受けることが少なくありません。(陽性転移と言います) 個人的なことを結構深く話すし、カウンセリングや治療は基本二人きりなので、好意を持ちやすくなります。 この看護師さんは担当看護師でいつも一緒にいました。でも彼の対応は本当に良くて、ちゃんとした看護師だなーと思わされました。 今の私は、恋愛や結婚に対する本を読んだり、セミナー(クリスチャンの)を聞いたりして学んでいる最中でもあります。 結婚は一大イベントですからね。 そんな感じです。 私は、精神障害者でも恋愛・結婚できると信じています。 困難なことは確かに多いですが、幸せになる権利はすべての人にあって、それはイケメンとか美人とか、外見要素で決まるものではありません。 相手のことばかり考えるのもよくありません。相手に希望を持つことはいいけど、果たしてそんなこと言ってる自分はどうなの?と自分を点検することをお忘れなく! □仕事は○○でこれくらいの収入がある人 □身だしなみに気を使っていて、オシャレな男性 □私にも家族にも優しい男性 □私のことを理解してくれる男性 など、例えばですが条件があるとします。 それを自分に当て嵌めて考えて、まず自分がそれをクリアしているなら、そういう条件を持つことはいいかもしれません。 でも1つも条件を満たしていないなら、高望みじゃないかなと思います。 特に、条件を持つなら容姿や経歴や地位とかではなく、内面を重視した方がいいです。 目に見えることはすぐに変わりますが、目に見えないことはあんまり変わりません。 素敵な心の人と結婚したいですよね。 結婚できる条件は「自立」です。, 自立が難しい、という点で確かに障害者の結婚はスムーズじゃないかもしれません。 でも障害があっても「自立している」なら、結婚は十分できます!, 逆に、健常者でも「自立していない」なら、結婚生活は危ういと思います。 精神障害者で、結婚を望んでいる人を対象にこの記事を書いていますが、どの立場の人が見ていたとしても、希望を持って欲しいなーと思っています。, また、神である主は言われた。 「人がひとりでいるのは良くない。 わたしは人のために、ふさわしい助け手を造ろう。」 創世記2:18, 結婚を望んでいる精神障害の方にも、諦めないで欲しいです。 素敵な人と巡り会えますように! ここまで読んで頂き、ありがとうございます。, 双極性障害で自殺志願者だった私から、今生きづらい君へ。あなたが生きていてくれることを願います。, hizuki90さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

お酒 飲み比べ ギフト おしゃれ, メール 文字化け 解読, 風間俊介 病気 ドラマ, レガシータイトル フォント 無料, 切符 乗り換え まとめて, 文章題 苦手 小学生 問題集, ママチャリ メンテナンススタンド 自作, イラレ 図形 結合, 黒い砂漠 カプラス 防具, 財布 一万円以内 メンズ, 記憶捜査 打ち切り 理由, Google アイコン 消えた, アプリ ダウンロード 出来ない 請求, 家族狩り 怖い 4話, 菅野智之 プロスピ セレクション, フォトフレーム 画用紙 簡単, Zoom プライバシー設定 Ipad, 台湾 華語 キクタン, バイク ギア比 計算, エリシオン ナビ 更新, Epson Scan 2 インストール方法, ディーガ レンタルdvd 再生できない, 風水 洗面所 色, 大阪 ときわ台 中古物件, ファーバーカステル 色鉛筆 油性, ステップワゴン エアコン 自己診断,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *