森の賢者 オランウータン なぜ 10

アンフランジオス:30-65kg 火災が起きやすくなっている理由には、伐採が進んだことで空気の通りがよくなり、もともと閉鎖され、湿度の高かった熱帯林が乾燥したこと、農園や人工林を作るために人が森に火をつけていること、またエルニーニョなどの異常気象などがあげられます。, ペットとしての違法取引も、オランウータンの生存を脅かす脅威の一つです。 普段の暮らしで何ができるのか。 p. abeliiの2亜種に分かれていた[2]。形態や生態・分子系統学的解析から亜種を独立種とする説が有力となった[10]。2017年にスマトラオランウータンのトバ湖以南個体群が、形態や分子系統解析からタパヌリオランウータンP. Copyright 2011 READYFOR, Inc. All rights reserved. 2017年に新種「タパヌリ・オランウータン」が発見されたことで話題のオランウータン。そもそもどういう動物なのか? 研究者である久世濃子さんに、レッドリストで絶滅の危機に瀕する彼らについて話を聞いてきました。アブラヤシ=パーム油を採るために伐採される森林… オランウータンとは、ヒト科オランウータン属(Pongo)に分類される構成種の総称である。 さらに、森が燃えれば、温暖化の主因である二酸化炭素が大量に大気中に放出され、これがまた温暖化をより進めてしまう原因にもなります。, WWFは現在、オランウータンとその生息地の自然環境を保全するため、政府への支援、保護と開発の両立、人材育成、環境教育などさまざまな活動に取り組んでいます。, WWFは、インドネシアの熱帯林を守るため、保護区の設立や管理の充実など、広く生態系を保全する取り組みを行なってきました。, 保護区以外の場所では野生生物が地域の人々と共生できるように、土地利用計画の工夫に焦点をあてています。 このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。. ・訓練を終えたオランウータンの自然界への復帰支援および保護活動, 主に上記3つの全般支援を長年続けてきました。罪の意識から活動を始めたものでしたが、今ではオランウータンが可愛くて仕方がありません。また自分たちの手で育てた森林が大きく逞しくなっていく光景は、言葉に出来ないほど美しいものです。, 残念なことにオランウータンの保護施設も火災の被害を受け、私たちは2016年1月から植林支援を始めました。しかし、日常のオランウータンのリハビリ管理と自然復帰リリースプロジェクト支援もあるので、資金面を含め、山火事の再生には手が回らないのが実情です。, 今回のプロジェクトはインドネシア東カリマンタン州のサンボジャ地区にあるボルネオオランウータンサバイバルファウンデーションの山火事被害を受けた300haの被害の内、施設の管理棟に近い地区の10,000㎡(東京ドーム21個分)に植林を行うプロジェクトです。, もともとこの地域に自生していた樹種メランティー類やドリアン、ランブータン、マンゴスチンなどの果物のなる樹種を中心に500本の植林を行います。植林を行う現地の団体は、2003年以来この土地の再生の為に森づくり続けているので、植林のノウハウはあり、資金の支援と実行の助言と確認が日本側の役割になります。, 現在、火災にあった森林は枯れ木が立ち並んでいるだけの乾燥した荒廃地になっています。この再生の為の植林を行うことでこの土地の安定につながり、成長過程で CO2を吸収固定してくれます。, そして土地の乾燥防止につながり火災の再発を予防し、リハビリセンター全体の安定した環境づくりに貢献できます。時間はかかりますがオランウータンの食用果物やオランウータンの半自然状態での訓練に活用できる森に育ちます。そんな明るい未来と願ってこれからも活動を続けていきます。どうかご協力お願い致します。, ※オランウータンのイラスト刻印付きです。自然の風合いがあり手の感触も和らな製品です。, ※日本のクリ材をインドネシアに送りインドネシアで加工したサラダボール、スプーン、ホークのセット, .css-3y93kp{color:#343b42;font-size:14px;}@media screen and (min-width:600px){.css-3y93kp{font-size:16px;}}.css-165l5cn{margin:0;margin-block-start:0;margin-block-end:0;margin-inline-start:0;margin-inline-end:0;color:#343b42;font-size:16px;font-weight:400;text-align:inherit;line-height:normal;-webkit-user-select:auto;-moz-user-select:auto;-ms-user-select:auto;user-select:auto;-webkit-transition:color 150ms ease-in-out 0ms,font-size 150ms ease-in-out 0ms, font-weight 150ms ease-in-out 0ms;transition:color 150ms ease-in-out 0ms,font-size 150ms ease-in-out 0ms, font-weight 150ms ease-in-out 0ms;color:#343b42;font-size:14px;}@media screen and (min-width:600px){.css-165l5cn{font-size:16px;}}1946年生まれ、1975年29歳の時にインドネシアの木材伐採現場でオランウータンの親子に出会ったことからオランウータンの支援を続けている, .css-1ptkivj{margin:0;margin-block-start:0;margin-block-end:0;margin-inline-start:0;margin-inline-end:0;color:#343b42;font-size:20px;font-weight:700;text-align:inherit;line-height:1.2;-webkit-user-select:auto;-moz-user-select:auto;-ms-user-select:auto;user-select:auto;-webkit-transition:color 150ms ease-in-out 0ms,font-size 150ms ease-in-out 0ms, font-weight 150ms ease-in-out 0ms;transition:color 150ms ease-in-out 0ms,font-size 150ms ease-in-out 0ms, font-weight 150ms ease-in-out 0ms;text-overflow:ellipsis;overflow:hidden;white-space:nowrap;}3,000.css-uniybc{margin-left:0.2em;}.css-f7j8ej{margin:0;margin-block-start:0;margin-block-end:0;margin-inline-start:0;margin-inline-end:0;color:#343b42;font-size:16px;font-weight:700;text-align:inherit;line-height:1.2;-webkit-user-select:auto;-moz-user-select:auto;-ms-user-select:auto;user-select:auto;-webkit-transition:color 150ms ease-in-out 0ms,font-size 150ms ease-in-out 0ms, font-weight 150ms ease-in-out 0ms;transition:color 150ms ease-in-out 0ms,font-size 150ms ease-in-out 0ms, font-weight 150ms ease-in-out 0ms;text-overflow:ellipsis;overflow:hidden;white-space:nowrap;margin-left:0.2em;}円, ・サンクスメール・サポーターズカード・インドネシアの天然木「サオ」で制作したスプーンとフォークのセット※オランウータンのイラスト刻印付きです。自然の風合いがあり手の感触も和らな製品です。・植林する近くに建てる看板にサポーターとして名前が入る権利。※ニックネーム可, ・サンクスメール・サポーターズカード・インドネシアの天然木「サオ」で制作したスプーンとフォークのセット・植林する近くに建てる看板にサポーターとして名前が入る権利。※ニックネーム可・サラダボウル※日本のクリ材をインドネシアに送りインドネシアで加工したサラダボール、スプーン、ホークのセット, 1946年生まれ、1975年29歳の時にインドネシアの木材伐採現場でオランウータンの親子に出会ったことからオランウータンの支援を続けている. naturepl.com / Francois Savigny / WWF, © グヌン・ルーサー国立公園は、スマトラ島第二の広さを誇る国立公園で、島内最大のオランウータン生息地です。しかしここ西暦2000年前後を中心に、公園内では違法な伐採や定住、密猟などが深刻になっていました。, こうした現状は、公園側と地元住民との間で生じるもめごとを解決するようにWWFが公園当局を支援してきた結果、変わってきました。WWFは、地域の自然環境を人が壊さずに生活してゆくためには、政府の協力によって、地元が地場産業を創出し、振興させる力を持つことが大切であると考えています。, WWFはまた、ボルネオ島のマレーシア国境に接するバタン・クリフン(Betung Kerihun)における自然保護区設立をめざし、インドネシア政府を支援しています。ここは、すでに国立公園予定地となっており、オランウータンをはじめ豊かな動植物の見られる地域です。, このバタン・クリフンは、マレーシア側のランジャク・エンティマウ(Lantjak Entimau)野生生物サンクチュアリと接しているため、計画には地域振興策として、二国間での経済、科学、教育、文化協力と交流の促進が盛り込まれています。これは、隣接国の地域間協力の利点を示すよい例としても期待されています。, WWFは、マレーシアのサバ州においても、オランウータン生息地保全活動を支援してきました。特に保全活動に力を入れてきたのは、サバ州東部のキナバタンガン川下流域に広がる氾濫原の森林で、ここはオランウータンやその他の大型哺乳類であるアジアゾウ、マレーグマ、テングザルなどの生息地でもあります。, この地域の森林は、現在開発などによってバラバラに分断されており、これを元の状態に戻すためには長期的なプロジェクトを行なっていく必要があります。, WWFは1999年から、オランウータンの生態や個体数の把握、森林の多目的利用によるオランウータンの生存能力に与える影響の調査、サバ野生生物スタッフの育成と野生動物保護の必要性に対する地元民意識向上などの活動を展開しました。, また一方で、地域の人々と協力して、切り開かれた森に生い茂っている雑草やツル植物を取り除く作業や、もともとそこに育っていた熱帯林の樹種の苗を植えるなどの活動を支援しながら、野生生物保護区の整備拡充や、新規の設立も目指しています。, 森のない世界では、野生動物も人も、暮らしていくことはできません。私たちと一緒に、できることを、今日からはじめてみませんか?, 普段の暮らしがどう自然とつながっているのか。 ボルネオ島西部の国立公園を中心とした一帯は、オランウータンにとって重要な生息地でしたが、火災後にはその数が激減してしまったといわれています。, またこの時、マレーシアのサバ州とサラワク州でも森林火災が発生しました。

七つの大罪 最終巻 発売日, 東大 世界史 教科書 おすすめ, 鶏胸肉 下味冷凍 ヨーグルト, ひらがな 覚える アプリ, お見合い 引き 合わせ, 大分 半日 観光, プレミア 音 書き出し, 川崎市 夏休み イベント, Google Play インストール 出来ない, 名前入り お酒 成人祝い, デオナチュレ パウダー 口コミ, 株式会社yg Entertainment Japan, Lightroom 白飛び 補正, お遊戯会 衣装 型紙, 明治図書 技術 家庭総合ノート 答え, Xperia メール 着信音 鳴らない, パプリカ お弁当 子供 人気, 網走 保健所 猫 里親, 残念 英語 スラング, Zc33s ボンネット 開け方, 水面 キラキラ 名前, 北陸新幹線 半額 E5489, Edge 名前を付けて保存 できない, 難関大学 過去 問, インド 英語 公用語 理由, Jta テニス ルールブック 2020, バスタオル リメイク 枕カバー, スマホ 壁紙 知らない画像,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *