スーパーマン 映画 動画 7

コロンボの吹き替え三代目 ケヴィン・スペイシーもいいが、やっぱレックス・ルーサーはジーン・ハックマンが一番やな 小池さんの方が声は合っているな、どこかとぼけているのに狂気がある。 オーティスの声が大物すぎるw 確かに東地はささきいさおに近いが・・・ ... 声の出演:佐々木功、中原理恵、小池朝雄、比較用→新版sm9472789、mylist/15309147. 版権はバットマンなどと同じDCコミックス社にある。 花やしきにあんなコースターは無かったはず。(後楽園らしい... なぜ中華風 なぜかSD調なんだよね 妙に不安な感じの曲が多い はんにんはペグレグいちみ… セントラルパークのこんらんをしずめる! 飛ばしたら、トークのみwww ホントは、スギちゃんだったんじゃwww このスペッグじゃあ10連す... クリストファー・ノーラン製作、ザック・スナイダー監督の新スーパーマン『マン・オブ・スティール』のトレイラー第一弾。2013年夏公開予定。© 2012 Warner Bros. All R... なにこれ? コロンボの初代吹き替えの人 中原理恵だっけ この3人のやりとり最高w ロイスもこっちの方が可愛い。最近のは生意気なだけで愛おしさを感じない スタローンVSコロンボ 今調べたんだけど、ハックマンの吹替声優、全員コロンボ経験者じゃん(WOWOW追録の菅生... 世界史フラッシュとは、2ちゃんねる世界史板で作られているフラッシュである。意外な歴史やあまりメジャーではない歴史を扱ってるものも多数ある。関連動画関連コミュニティ関連項目 世界史 世界史M@D 政歴M...See More. Aクラス入りええぞ!ええぞ! 今年はまだだらしなくなかったな Aクラスおめ 本格的♂Aクラス記念 祝8年ぶりAクラス ドラゴンズから奪った白星で延命していた安倍政権を許すな... 音ゲー邪神とは、音楽ゲームを題材とした音声・ゲーム画像・動画・アニメーションなどを個人が編集・合成し、再構成したものを音ゲーMADと呼び、タグとして定着しているが、その中でも、無闇矢鱈なカオス、視聴者...See More. それは問題だ。一体教祖は誰だ? スーパーマンの動画作品12本を配信! 「 スーパーマン リターンズ 」のページです。 無料で視聴できる映画のまとめサイトです。YouTubeなど大手動画共有サイトにアップされた動画を自動で検索しています。 ★*★ ×*× ・*・ アホーボケー お前が歌うんかい アホ!! wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 今夜も炊くのさ♪ 草 受験生応援ってwww バナナ☆★☆★☆ うわ…ぐすん。 お金持ち~! DCコミックスから出版されているコミック作品に登場する架空のキャラクターであるスーパーマンは、誕生以来多数の映画作品に登場している。初めてのスーパーマンの長編映画は1951年の『スーパーマンと地底人間(英語版)』である。1974年、イリヤ・サルキンドとアレクサンダー・サルキンドとピエール・スペングラー(英語版)が『スーパーマン』の映画化権を獲得し、数段階の脚本執筆を経て、リチャード・ドナー監督が雇われ、『スーパーマン』(1978年)と『スーパーマンII』(1980年)を撮った。ドナーは1作目が完成する前の段階で既に『スーパーマンII』の80%を撮影済みであった。『スーパーマン』の公開後、サルキンド親子はドナーを解雇し、『スーパーマンII』を完成させた。レスターは『スーパーマンIII』(1983年)も監督し、そしてサルキンド親子は1984年のスピンオフ『スーパーガール』をプロデュースした後、キャノン・フィルムズへ権利が売却され、『スーパーマンIV』(1987年)が公開された。その後15年に渡って5作目の『スーパーマン』の企画が練られ、2006年に『スーパーマン』と『スーパーマンII』の流れを汲んだブライアン・シンガー監督の『スーパーマン リターンズ』が公開された。ワーナー・ブラザースは『スーパーマン リターンズ』の興行成績に満足せず、シリーズのリブートを決定し、2013年6月にザック・スナイダー監督、デヴィッド・S・ゴイヤー脚本、クリストファー・ノーラン製作の『マン・オブ・スティール』が公開される。, スーパーマンが初めて大スクリーンに登場したのはコロンビア映画による連続活劇『Superman』(1948年)と『Atom Man vs. Superman』(1950年)である。, 1951年の映画『スーパーマンと地底人間』は、スーパーマンをジョージ・リーヴス、ロイス・レインをフィリス・コーテス(英語版)が演じた。プロデューサーはバーニー・A・サレッキー、監督はリー・ショレム(英語版)、脚本はリチャード・フィールディングである。, 1973年、プロデューサーのイリヤ・サルキンドは父のアレクサンダーがスーパーマンの権利を購入することを確信した。彼らは2本の映画の脚本を書かせるマリオ・プーゾを雇い、さらにスティーヴン・スピルバーグを監督として交渉したが、『ジョーズ』が予算オーバーとなっていることを理由にアレクサンダーは彼を拒否した[1]。マーロン・ブランドとジーン・ハックマンはそれぞれジョー=エル(英語版)とレックス・ルーサーを演じる契約を交わし、さらにガイ・ハミルトンを監督に雇った。しかしながらブランドはイタリアで『ラストタンゴ・イン・パリ』のわいせつ描写に関する訴訟を抱え、またハミルトンは税金の支払いに関する問題のためにイングランドでの撮影が困難であった。サルキンド親子は新たにリチャード・ドナーを監督に雇った。ドナーは脚本修正のためにトム・マンキーウィッツを雇い、キリストのようなオーバートンを持つシリアスな雰囲気を漂わせた[2]。, スーパーマン役にはクリストファー・リーヴが選ばれた[1]。ブランドの撮影期間は2週間未満であり[1]、また脚本も読んでいなかったにもかかわらず[2]、彼のギャラは出演者の中で最高の370万ドルに収益の11.75%という契約であった[1]。映画は批評的にも商業的にも成功した。公開は1978年のクリスマスシーズンであったが、当時は競争相手が無かったために成功したのだとプロデューサーは考えた[3]。, 77年の『スター・ウォーズ』を始め光学合成技術が躍進した時期であったが、スーパーマンのコスチュームはブルーが主体なので背景とコスチュームが似た色になるブルーバック合成は使えなかった。1968年の『2001年宇宙の旅』で視覚効果製作に参加していたゾラン・ペリシックが同作で大々的に使われたフロント・プロジェクション技術を応用し「ゾプティック・プロセス」を開発。ワイヤーワークで役者を吊り下げるより動きの自由度を広げ、自然に見える飛行シーンを実現した。またフロント・プロジェクションの背景に使われる反射スクリーンの素材を惑星クリプトンの人々が着用するスーツに貼り付けフロント・プロジェクションシステムで撮影することで、衣服が輝く斬新な映像も生み出している。, サルキンド親子と衝突したドナーのものと、彼の降板後に引き継いだリチャード・レスターによるものの2作が存在する[2]。1作目と2作目を同時に製作中、予算が超過すると映画会社側は『スーパーマンII』の製作中止を決め、本来2作目の結末となるはずの場面が1作目に回された[1][2]。その後『スーパーマン』が成功したにもかかわらず、ドナーは『スーパーマンII』は監督に復帰できず[2]、レスターにより完成させられ、映画はよりコメディ調となった。さらにサルキンド親子は財政面での理由からブランドの出演箇所をカットし[1]、さらに作曲のジョン・ウィリアムズも他のプロジェクトのために降板した[1]。『スーパーマンII』は商業的にも批評的にも成功した。2006年、リチャード・ドナーとプロデューサーのマイケル・ソーにより『スーパーマンII リチャード・ドナーCUT版』が製作され、11月28日に公開された。この新バージョンは批評家から高評価された[4]。, 3作目のためにイリヤ・サルキンドはブレイニアック、Mr.ミクシィズピトルク(英語版)、スーパーガールが登場し、映画を宇宙規模に広げた脚本の概要を執筆した[2]。元のアウトラインではブレイニアックとスーパーガールの親子関係が描かれていたり、またコミックでは従兄妹であったにもかかわらずスーパーマンとスーパーガールが恋愛をするというものであった[5]。ワーナー・ブラザースはその案を拒否し、リチャード・プライヤー演じるガス・ゴーマンが登場する『スーパーマンIII』を独自に作り上げた。一新された脚本[2]では、ブレイニアックの役割は悪の「最強のコンピュータ」に縮小された[1]。映画は商業的には成功したものの、前作までのシリアスなトーンと相反するプライヤーの演技などがファンの失望を買い、また悪のスーパーマンの描写は論争を巻き起こした。却下されたサルキンドの案は2007年にオンライン上で公開された[2]。, サルキンド親子は『スーパーマン』の権利を獲得した際、スーパーマンの従兄弟のスーパーガールの権利も購入していた。『スーパーガール』は1984年にリーヴの映画のスピンオフとして公開され、これが映画デビュー作となるヘレン・スレイターがスーパーガールを演じた。, キャノン・フィルムズがリーヴのスーパーマンの4作目のオプションを獲得し、またリーヴも映画が核兵器をテーマとしていることから再出演を決めた。しかしながらキャノン側が『スーパーマンIV』の予算を3500万ドルから1500万ドルにまで減らし、乏しい視覚効果と度重なる編集もあって批評家の反応は芳しくなかった[6]。ワーナー・ブラザースは3作目と4作目の不振を理由にシリーズに一時的な休息期間を与えることを決めた[2]。, 『スーパーマンIV』が失敗する以前にキャノン・フィルムズはアルバート・ピュンを監督として5作目を製作する予定であった。キャノンの倒産後、映画権はサルキンド親子の下へ戻った[7]。イリヤ・サルキンドは1990年代初頭にテレビシリーズ『Superboy』の脚本を務めていたキャリー・ベイツ(英語版)とマーク・ジョーンズ(英語版)と共に『Superman V』(別題『Superman: The New Movie』)の原案を執筆した[1]。この原案は死にかけたスーパーマンがクリプトン星の都市カンドアに流れ着くという内容であり、偶然ではあるが「デス・オブ・スーパーマン」と類似していた。サルキンド、ベイツ、ジョーンズは2つの原案を開発し、またクリストファー・リーヴの続投も計画していた[1]。, 1992年に発表された原作コミックのエピソード「デス・オブ・スーパーマン」が大反響を呼んだのを受けて、ワーナー・ブラザースは1993年にサルキンド親子からスーパーマンの映画化権を購入し、『バットマン』を手がけたプロデューサーのジョン・ピーターズを再び起用した。スタジオは『Superman: The New Movie』の原案を使わず、ピーターズは新しい脚本のためにジョナサン・レムキン(英語版)を雇った。ワーナー・ブラザースは新しい『スーパーマン』映画をメインストリームの観客を対象とし、1990年代のMTV世代(英語版)のスタイルの脚本を書くように指示した。同時に、『バットマン フォーエヴァー』の時と同じく、玩具展開をしやすいファミリー映画的アプローチも求めた。大手玩具会社たちはアメリカ国際玩具フェア(英語版)のスケジュールに合わせて脚本を提出するように求めていた[8]。, 『Superman Reborn』と題されたレムキンの脚本では、ロイス・レインとクラーク・ケントのロマンスと、スーパーマンとドゥームズデイとの戦いが描かれる。スーパーマンはロイスにプロポーズするが、ドゥームズデイによって殺害される。だが、彼の命がロイスに宿って処女懐妊する。産まれた子供はわずか3週間で21歳まで成長し、新たなスーパーマンとなって世界を救う。だが、ワーナー・ブラザースは『バットマン フォーエヴァー』と同様のものを感じたため、この脚本を没にした[9]。, ピーターズは脚本書き直しのためにグレゴリー・ポイリアー(英語版)を雇った[8]。ポイリアーの1995年12月の脚本ではブレイニアックが「クリプトナイトの血」を注入してドゥームズデイを生み出し、スーパーマンを殺害する。しかし、ブレイニアックの犠牲者であるカドムスという名のエイリアンが遺体を盗み出してスーパーマンを蘇生させ、共にブレイニアックを倒すという内容である。その他にヴィランとしてパラサイトとシルバー・バンシー(英語版)が登場する[7]。ポイリアーの脚本はワーナー・ブラザースに評価されたが[9]、その後新たにケヴィン・スミスが脚本書き直しのために雇われた[10]。スミスはポイリアーの脚本はスーパーマンの原作を正しくリスペクトしていないと考えた[8]。, 1996年8月にケヴィン・スミスが新たな原案をワーナーに渡すと、3つの条件を満たすことで脚本執筆が認められた。ピーターズはスーパーマンが黒ずくめのスーツを着て[8]、空を飛ばず[8]、「ボーイスカウトがそのまま成長したかのように見える」ことを望んだ[7]。スミスはスーパーマンの飛行を、原作で表現されているような「赤と青の軌跡を描いて、飛行のたびにソニックブームを生み出す」ように表現した[11]。また、ピーターズはクライマックスで巨大な蜘蛛を登場させたがった。スミスはこの条件も受け入れた[8]。ピーターズとワーナー・ブラザースはまたブレイニアックと白熊が戦う場面をスミスに書かせた[10]。のちにピーターズは『ワイルド・ワイルド・ウエスト』で蜘蛛型ロボットを登場させてアイデアをリサイクルした[8]。, 新たに『Superman Lives』と題されたスミスの原案は、ブレイニアックがドゥームズデイを送り込んでスーパーマンを殺害し、さらにレックス・ルーサーとも手を組むが、スーパーマンはクリプトンからやって来たロボットのエラディケーターの手によって復活するという内容であった[11]。スミスのキャスティング構想では、ベン・アフレックがクラーク・ケント(スーパーマン)役、リンダ・フィオレンティーノがロイス・レイン役、ジャック・ニコルソンがレックス・ルーサー役、ファムケ・ヤンセンがマーシー役、ジョン・マホーニーがペリー・ホワイト役、デヴィッド・ハイド・ピアースがエラディケーター役、ジェイソン・リーがブレイニアック役、ジェイソン・ミューズがジミー・オルセン役であった[12]。, 監督には、まずロバート・ロドリゲスがオファーされた。彼はスミスの脚本を気に入ったが、『パラサイト』を優先したため断った[8]。スミスは当初より自身の脚本の監督にはティム・バートンを希望しており[10]、バートンは500万ドルのペイ・オア・ペイ(完成しなくてもギャラを全額受け取れる)で契約を交わした。ワーナー・ブラザースは劇場公開日をスーパーマンの生誕60周年となる1998年夏に設定した[9]。スーパーマン役としてバートンは、レイフ・ファインズを考えていたが、ピーターズは、ヒットの見込めるスターであるニコラス・ケイジと2000万ドルのペイ・オア・ペイ契約を交わした。コミックのマニアとしても知られるケイジは「キャラクターを新たに構築したい」と考えた[8]。ピーターズはケイジには「彼(スーパーマン)が宇宙からやって来た存在であると観客に納得させる力がある」と感じていた[13]。バートンも、ケイジのキャスティングについて「スーパーマンの正体がクラーク・ケントだとわからないという設定に説得力をもたせられる。彼は視覚的にキャラクターを変えることができるだろう」と考えた[14]。他のキャスティングは、ケヴィン・スペイシーにはレックス・ルーサー役が[14]、ティム・アレンにはブレイニアック役が交渉された[15]。またブレイニアック役はジム・キャリーも考慮された[10]。ロイス・レイン役の候補としてコートニー・コックスの名が報じられ、またケヴィン・スミスはクリス・ロックをジミー・オルセン役に推薦していることを明かした[15]。さらに、ワンシーンのみ登場するバットマン役として、マイケル・キートンの出演が報じられたが、キートンはMTVのインタビューに「そうとは言えないね」とだけ答えた[16] 視覚効果はインダストリアル・ライト&マジックに依頼された[8]。, 撮影は元々1998年初頭開始を予定していた[17]。1997年6月、『Superman Lives』はプリプロダクションに入り[8]、美術部門にはプロダクションデザイナーのリック・ハインリクスが雇われた[14]。ところがバートンはウェズリー・ストリックを新たに脚本家として雇いれ、スミスの脚本をすべて書き直すことにした。これに関してスミスは「スタジオは私がしていたことに満足していた。なのにティム・バートンが関わってきて、契約を交わしたあとにいきなり方向転換して、自分のスーパーマンにしたいと言い出したんだ。そしたらワーナー・ブラザースはどっちを支持するんだ?

Youtube コメント 流す 9, 上司 Line 毎日 6, 体調気遣う Line 男 14, ゆめ まる 誰 9, 第五人格 問い合わせ 処理待ち 9, Oracle 相関サブクエリ 遅い 8, Csgo 起動設定 Laz 29, 看護師 個人情報 事例 6, おしゃれ坊主 40代 ビジネス 8, Angular Material Input Range 4, 岩田 剛典 結婚してる 22, あつ森 せおいはしご とは 35, 外壁補修 パテ Diy 4, アレキサンダー 起動編4 死刑判決 4, 早稲田大学 Eスクール 羽生 5, Pubgモバイル リコイル制御 バグ 8, シフト 勘違い 無断欠勤 5, スーパーグレート パワステオイル 場所 7, 日本コンセントリクス 在宅 評判 7, マイクラ ネザーレンガ テクスチャ 10, Svn 差分 行数 13, Lg Style2 テレビ 出力 26, 今日の 山羊座 運勢 時間 帯 21, Torque G03 Sdカード 移動 28, ドラクエ10 装備 入手方法 22, Gta5 ストッケード 改造 4, たけのこ 茹で汁 黒い 4, サンデーモーニング スポンサー 2019 6, Nhk 受信料 支払い率 実際 7, Punpee 板橋 どこ 20, はげ 坊主 似合わない 6, Fラン 大学就職チャンネル 何者 23, ウシオ サムライ バー 4,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *