アクセンチュア マネージングディレクター 一覧 5

Please continue registration for this program without your profile. 3年目~6年目. 「とても理路整然としている話なのだけれども、なんとも歯切れの悪い感じが気になっていたわけです。コンサルタントって、こういう人たちなのか、と思いかけてもいました。ところがアクセンチュアに行って出会った人たちは、とにかく実務に根ざしてビジネスというものを語ってくれた。そもそもアクセンチュアが会計事務所系という出自を持っていたから、ということもあるでしょうけれど、私にとっては現実に根ざした視点で取り組むアクセンチュアがより魅力的に見え、それで入社を決めたんです」(森氏), 「今となっては、私も森さんの当時の感覚がよくわかります(笑)。今、つくづくアクセンチュアって強いなあ、と思わされているわけですが、その源はやっぱり『ここにこういう問題があるから、こうして改善しましょう』と具体性と現実味をもって言える点にあります。戦略を策定して提案する部隊だけでなく、アクセンチュアの場合は、テクノロジー部隊やオペレーションズ部隊をはじめ"業"として直接手がけているメンバーが多数組織内にいて、戦略チームとも連携している。だから、具体性をもった話ができるんです。口を全部開けて(笑)。お客様と対峙して話す時の、言葉の迫力が全然違う。説得力も違う。そして、言うだけでなく実行もできてしまう。かつて森さんが感じていた"違い"を、今ではお客様も感じ取っているんだと思いますよ」(長谷部氏), このやりとりに加え、両者は異口同音にもう1つのバックグラウンドを指摘した。それは、アクセンチュア自身が業務や組織をダイナミックにトランスフォームしながら成長してきた経緯を持っている点だ。トランスフォームをほとんど経験したことのない伝統的コンサルティングファームに所属するコンサルタントが、どんなに言葉を尽くして大幅な変革を提案してきても、受け止める側は素直には従いにくい。時代の文脈に応じ、しかもその文脈が明らかになる以前から動き出して、自らの編成や手法や姿勢を変化させ、トランスフォームを体現してきたアクセンチュアだからこそ、クライアントを動かすことになるのだと、森氏も長谷部氏も強調した。, 森 健太郎 氏 それでは選考ごとに見ていきましょう。 1. こんにちは、アクセンチュアのリクルーティングチームです。戦略コンサルティング本部や、一部コンサルティング職種の選考で実施するケース面接。アクセンチュアのケース面接の準備を進める中で、まだ不安を感じている方のために事前準備のポイントをまとめました。 [第1回]2020年9月16日(水)18:00~ [第2回]2020年10月2日(金)18:00~, アクセンチュア株式会社  | 執行役員 関西オフィス統括責任者 戸野本 時直 氏(2019.4), ファイナンシャル アドバイザリー サービス 9年目~15年目. This will navigate you to Accenture.com Sign In page. アクセンチュアで働く社員の紹介ページです。入社後のキャリアパスは人それぞれ。様々なキャリアパスを歩み、多種多様な成長を遂げている社員の声を多数掲載中。 戦略コンサルタント、マネジング・ディレクター. 東京オフィス "戦略ファーム出身者が語る、転職経験談" What I do. 福岡, スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。, キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。, タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。, The first name is required and cannot be empty, The last name is required and cannot be empty, アクセンチュアでは全社員が「イノベーター」。このページでは現在活躍中の社員を紹介します。 アクセンチュアって、やっぱり年収いいのかな?私の年齢だと年収いくらになるんだろう?という、アクセンチュアへの転職に興味を持つ人に、アクセンチュアの年収について年齢・職種の観点からカラクリをまとめました! アクセンチュア・ストラテジー躍進の要因、FSチームの強みと今後の展望、そして求める人材像について、語り合ってもらった。, 昨今のコンサルティング領域、とりわけ戦略系案件や技術先進性の高い案件におけるアクセンチュアの躍進ぶりは、知る人ぞ知るところだ。その原動力は、言うまでもなく同社の戦略部隊であるアクセンチュア・ストラテジー。並み居るグローバルトップファームを圧倒している彼らの強みは、いったいどこにあるのか? 誰もが関心を寄せるところだが、今回登場する2人のリーダーは、それぞれ特徴的なキャリアヒストリーを持っている。, 長年アクセンチュア・ストラテジーの金融セクターで活躍してきた森氏は、いったんアクセンチュアを卒業した後に再入社を果たしてマネジング・ディレクターとなった、言うなればUターン組。一度離れたにもかかわらず戻ってきたからには、アクセンチュアにしかない魅力を強く認識しているに違いない。, 「何が最も違うのかといえば、スピードです。私の転職先だった三菱商事にも素晴らしい人と組織と事業が揃っていますし、他の事業会社に比べればスピードも存分にあったとは思うのですが、アクセンチュアで経験してきたスピードがいかに凄まじいものだったのかを思い知ることになったんです。当時は私自身も成長途上にあることを意識していたので、もう一度このとんでもないスピードに身を置き直して、より一層磨きをかけたいと考え、復帰することにしました」(森氏), 今でこそ「デジタル」が加わり、5つのコア事業を展開するアクセンチュアは、当時も「ストラテジー」「コンサルティング」「テクノロジー」「オペレーションズ」の主要4事業で成功をおさめる大組織だった。だが、その規模の大きさとは無関係に、すべてのチームがベンチャー顔負けのスピードで動いていたし、今なおこの高速ぶりがアクセンチュアの強みの1つなのだと森氏は言う。, 一方の長谷部氏は、名だたるグローバルトップファームで実績を重ねてきた人物。その業績を買われ、2つの大手事業会社で経営陣に加わり、チェンジ・エージェント=変革請負人としての期待に応えてきたわけだが、2018年になって、やはりコンサルティングの世界に帰ってきた。しかも、過去に成果を上げてきたA.T.カーニーでもベイン・アンド・カンパニーでもなく、あえてアクセンチュアを選択したのだ。当然、気になるのは「なぜアクセンチュアだったのか」だ。, 「A.T.カーニーやベインにいた時代から、私の考え方は変わっていません。コンサルタントというのは"お客様のところに何を持って行けるか"で価値が決まる商売です。あえてまたコンサルタントをやるのなら、一番いいものをお客様に持っていけそうな環境を選びたかった。そう考えた時、瞬時に答えが定まったんですよ。アクセンチュアしかないだろう、と。古巣も含め、他のプロフェッショナルファームに対してあれこれ言うつもりはありません。CEOアジェンダの戦略案件から、スマホアプリの開発まで、自力で出来てしまうところなんて、アクセンチュアしかないんです。迷う余地などカケラもありませんでした」(長谷部氏), 長谷部氏によれば、時節柄、デジタルトランスフォーメーションが絡む案件が多いという。そして、どのファームも「注力しています」と言うものの、最上流のビッグピクチャーを描くだけでなく、その実行段階において自らが担い手となり、最終プロダクトやサービスを作り上げ、マーケットインするところまで一貫してコミットできているのは、アクセンチュアだけだと言うのだ。, 「戦略立案からエグゼキューションまでコミットしています、なんてセリフだけならばどこへ行っても聞けますけれども、これほど先進技術の活用が企業の将来を左右するような時代において、それら技術を自社のメンバーがダイレクトに手がける土壌が浸透し、しっかりと機能しているのはここだけですよ。デジタルトランスフォーメーションなんて言葉が語られ始める4〜5年前から、圧倒的早さで手がけてきた。だからこその強みです。しかも、必要に応じて、お金を投資し、ジョイントベンチャーも生み出して、しっかりリスクを背負いながら成果を上げている。それもアクセンチュアだけ。お客様に一番いいものを持って行きたい私としては、是非ともこの輪の中に加わりたかったんです」(長谷部氏), 異なる経歴を持つ2人のマネジング・ディレクターではあるが、アクセンチュアの強みに関する認識は、ぴたりと符合する。速さと早さ、そして形ある価値に落とし込む実行能力とコミットメント。不確実性が高まる中、技術革新の激流から成果を引きずり出すアプローチが求められる今という時代に、唯一マッチできているアクセンチュアだからこそ、他を圧倒する実績が生まれているというわけだ。, では、そんな強みをアクセンチュアはなぜ備えるに至ったのだろうか? 森氏は、そもそものスタンスが他の戦略ファームと違うのだと語る。, 「私が最初にアクセンチュアに入ったのは2003年ですが、その頃から違いは明らかでした。実は転職活動で他の著名な戦略ファームも受けていたんですが、よそのファームのかたがたは、判で押したように、皆さん口を半分くらいしか開けずにしゃべるんです」(森氏), この森氏の描写を聞き、戦略ファームを渡り歩いてきた長谷部氏も笑いながら頷く。 アクセンチュアの現役コンサルタントによる寄稿シリーズ。アクセンチュアの各部門とインダストリー(業種)、職位ごとの年収イメージや福利厚生、残業制度や働きやすさなどの実態、昇進制度からクビになることはあるのかということまで、幅広く解説していただきました。, アクセンチュアは、世界53カ国200都市に43万人以上の社員を抱える世界最大級のコンサルティングファームです。, クライアントは世界中の大手企業・政府機関で、フォーチュン100(米国フォーチュン誌のランキング。全米企業のうち上位100位がランキング)のうち95%以上がアクセンチュアのクライアントとなっています。グローバルでの売り上げは2017年8月期で349億USドルと、総合系コンサルティングファームの中では上位に入ります。, 特に日本では数年前マーケティング企業であるIMJを買収するなどして、デジタル化・デジタルマーケティングといったテーマに注力していることが特徴です。また、昨今の日本拠点はワークライフバランスを改善するための"働き方改革"をトップダウンで強力に推進したり、女性が働きやすい業務環境を整えたりと、社員をケアする運動が注目されています。, (参考:https://www.accenture.com/jp-ja/company-pride-project), 今回は、アクセンチュアの各部門とそれぞれの年収イメージや残業の実態、昇進制度について解説していきます。アクセンチュアへの転職を少しでも考えている方は、こちらの記事(『アクセンチュアに転職するなら?【転職者の学歴や志望動機、面接内容まで】』)も合わせて読んでください。上記記事内にて詳しく説明しますが、アクセンチュアや他のコンサルティングファームへの転職を少しでも考えているのであれば、まずはビズリーチに登録して、ヘッドハンターからのスカウトを待つのがおすすめです。, ・CMT(Communication Media Technology:通信・メディア・ハイテク), ・H&PS(Health & Public Service:公共サービス、医療関係), ざっくり言えば、入社した人はこれら5×5の25通りの組織のどこかに所属することになります。, 部門の方が、業界よりイメージがしにくいと思いますので、筆者の分かる範囲でざっくり説明します。大きくは、Strategy・Consultingはいわゆるビジネスコンサルティングを行う側で、Digital・Technologyはシステムコンサルティングを行う側、Operationsはバックオフィスまわりのコンサルティングを行う側、というイメージです。なおStrategyとConsultingの違いは、戦略立案などといったより上流に近い工程をStrategyが担当し、そのプランを実行するのがConsulting、という感じです。因みに筆者はビジネスコンサルティングを行う側にいますが、あるプロジェクトではStrategyとConsultingの人が同じ役割を担って仕事していたこともあったので、求められるスキルが大きく違う訳ではないと思います。, 大きくStrategyとそれ以外で年収が分かれます。Strategyの年収は一番高いですが、戦略系ファームと比較するとざっくり2~3割程度は低いのが実態です。, 最近の話ですと、Strategyの給料は直近さらにあがっていて、コンサルタントであれば年収が1,000万円を超えているケースが多いです。理由としては、ベイン・アンド・カンパニーの元副社長が入り、クライアントからいただく報酬の単価が上昇したからと言われています。他の戦略系ファームと比較すると2〜3割低いと書きましたが、いわゆるMBB(マッキンゼー、ボスコン、ベインの総称)に近づきつつある。ドリームインキュベータやコーポレートディレクションと同レベル、といったイメージです。, また、Strategy以外の部門ごとの年収イメージですが、そこまで大きく差はないかとは思いますが、ざっくり、Consulting・Digital>Technology>>Operationsといったイメージを筆者は持っています。, ちなみに、給料日は毎月25日で、12月(または入社時)に開示された年俸を12等分した額+残業代が支払われます。ボーナスも年俸提示時に同時に金額が開示され、6月と12月に半分ずつ支払われます。ボーナスの金額は年俸に対する掛け目(5%~10%程度)で支給されますが、若手ほどその掛け目は低く、ランクが上がるほど高くなる傾向にあります。なお、担当するプロジェクトの中で特段評価が高くなると、特別ボーナスが発生します。, コンサルティングファームを志望する人の多くが気にするであろう、残業時間について説明します。コンサルティングファームはハードワーカーの集まりなので、残業もめちゃくちゃ多い、というイメージを持つ方も多いと思います。, まず、アクセンチュアでは、みなし残業制度ではなく残業した分だけ残業代を請求できます。残業代はアナリスト・コンサルタントといういわゆる"若手"に発生し、マネージャー以上には発生しません。(その分、年収に織り込まれています。), ただし、現在は冒頭でも書いた"働き方改革"をトップダウンで強力に推し進めているため、社員の残業には相当厳しくなっています。労働基準法36条、いわゆる三六協定を順守することが必須とされており、原則として1か月あたり45時間未満、3か月累計で120時間未満の残業しかできないことになっています。(45時間以上の残業が発生する場合には、上司であるマネージャーに相談の上、プロジェクト管理者であるマネージングディレクターへの報告が必要となるため、ハードルは高いです。), 昔の時代を知る人からは、かなり"ホワイト"化した、という声がよく上がります。(一方で、ハードワークの中で成長する機会が減っているため、自分で成長機会を作らなければならない、という別の問題が発生するのですが・・・)とは言え、プロジェクトの山場や個人的な頑張り時の場合には自発的に深夜まで作業をする人も一定数存在します。, また若手が残業できなくなった分、管理職が巻き取ってやることも多くなっているのが実態です。現在は、管理職がやる事務作業をアウトソーシングする仕組みを作るなど、負荷を下げるための取り組みが行われています。, なお月当たりの残業代は、年俸にもよりますが、仮に年俸600万円の場合は月40時間の残業で15万円弱程度もらえます。, 一方で、残業は実態として「月45時間未満・3か月累計120時間未満」の枠を超えないようにすれば毎月ぎりぎりまでつけていいのか、という問いもあります。原則としてこれはYesですが、プロジェクトを立ち上げるときにクライアントに請求した契約金額の如何によっては、残業できる労働時間に制限がかかる場合があります。(大抵の場合はマネージャーがスタッフ一人当たり月何時間まで残業させられるかをコントロールする、ということになります。), なお有給制度は初年度に12日付与され、在籍年数に応じて付与される日数も増えていきます。昨今の働き方改革の風潮から有給消化率は高く、プロジェクトの合間を縫って旅行に行くい人などは多くいます。, アナリスト・コンサルタントであれば3段階、マネージャー・シニアマネージャーであれば4~5段階のステップがあり、年次評価に応じて同ランクの次のステップに行くか、上のランクの1段階目に昇進するかが決まります。, この年次評価には全く在籍年数は考慮されず、純粋に実力のみが評価されます。コンサルタントを1年しかやらずマネージャーに昇進する人や、シニアマネージャーを2年しかやらずにマネージングディレクターに上がる人もいます。逆に、コンサルタントへの昇進要件を満たさないため、8年間アナリストをやり続けた人も中にはいるようです。, こうした事情もあり、社内の年功序列の文化があまり強くなく、上司が年下である、というケースが上の職位に行けば行くほど発生します。とは言え、ハラスメントには厳しい会社であり、職位が上の人から下の人に仕事を振る場合であっても基本的には敬語が使われています(関係性によってはため口になることもままありますが。), 職位ごとに原則として在籍できる年数は決まっており、その上限を超えた場合には部署・所属を変えることを求められます。(アナリスト8年在籍は特殊なケースで、基本的にはアナリストに4年以上は在籍できません。)更に年次評価が低い状態が続くと、業務改善プログラムに参加することが必要になり、それでも改善の余地がなければクビになるようです。, とはいえ、若手がクビになることはあまり聞いたことがありません。マネージャー以上はアナリスト・コンサルタントにあたる部下を育成することが求められており、評価が低い場合には念入りにアドバイス・面談する文化があります。クビになるケースの大半は、マネージャー以上の職位で転職してきた人のようです。マネージャー以上は「基本的なことが全てでき、成果を残すこと」「自分で新しいプロジェクトを探し、契約先を見つけること」がある程度できること前提で昇進・入社しているので、その期待値に満たないと部署異動またはクビになることがあります。, 次は、いよいよアクセンチュアへの転職を考えている方のために、アクセンチュアの転職事情について解説していきます。次の『アクセンチュアに転職するなら?【転職者の学歴や志望動機、面接内容まで】』にて詳しく紹介しますが、アクセンチュアをはじめとするコンサルティングファームへの転職を少しでも考えているのであれば、まずはビズリーチへ登録するのが個人的にはおすすめです。年収が550万円〜600万円を超えているくらいであれば、登録するだけで複数のヘッドハンターからスカウトが届きます。まずは、ビズリーチに登録し自分の市場価値などもなんとなくでも把握するとともに、リクルートエージェントなどの大手転職エージェントや、特定業界に特化した転職エージェントなどを複数利用して転職活動を進めていくのが賢いやり方です。, コンサルティングファームへの転職を希望しているのであれば、以下の記事を参考にしてください。, 転職エージェントを使うメリットや、まずはここに登録しておけば間違いないという転職エージェントや転職サイトを知りたければ、以下の記事を参考にしてください。, 参考:『転職エージェント・転職サイトおすすめ10選【利用するメリットや選び方のポイント、効果的な使い方まで徹底解説】』, コンサルだけではなく幅広い業界への転職も視野に入れている20代の方であれば、以下の記事を参考にしてください。, 第二新卒での転職もチャンスは大きいです。アクセンチュアをはじめとしたコンサルティングファームへの入社も可能です。第二新卒での転職を考えている方であれば、以下の記事も参考にしてください。, 30代の転職活動では、年収を上げていくことも重要になってくると思います。筆者も現在30代で常に次の転職先へのアンテナを張り巡らせてはいます。, アクセンチュアでも多くの女性が活躍しています。女性の場合は、転職活動においても女性特有のポイントも多いです。, 業界最大手の転職エージェント。圧倒的な求人案件数が最大の魅力で、あらゆる年代・年収・ポジションにおすすめ。リクルートエージェントにしかない求人案件も多いので、転職を考えたらまずは登録すべき転職エージェント。キャリアアドバイザーのレベルも総じて高いが、キャリアアドバイザーが担当する求職者も多いので、明確な転職意思があった方がより効果的に利用できる。, 日本最大級のハイクラス向け転職サイト。登録するとヘッドハンターや企業からスカウトオファーが届く。年収600万円以上であればまずは登録するべき転職サービス。大手企業の特別求人案件やベンチャー企業の幹部求人オファーも多い。自分の市場価値を知るためにもまずは登録しておきたい転職サービス。, 業界3番手のパソナの転職エージェント。キャリアカウンセリングが充実していて手厚いサポートが魅力。そこまで明確に転職の意思決定をしていない場合でもまずは登録してキャリアカウンセリングを受けるという使い方をするのにおすすめ。転職初心者や女性へのサポートも充実している。, 日本最大級のハイクラス向け転職サイト。年収600万円以上であればまずは登録しておくべき。, キャリアカウンセリングが充実している業界3番手の転職エージェント。じっくりとキャリアについて考えたいならおすすめ。, 「3年目で年収900万円超」博報堂現役社員インタビュー【働き方・年収・転職事情まで】, M&Aキャピタルパートナーズへの転職を考えるなら知っておきたいこと【年収・採用面接・働き方・残業の実態まで】, リクルートキャリアの年収・グレードから社風まで【リクルートキャリア現役社員インタビュー(後編)】, 【リクルート用語集】リクルートで実際に使われている社内用語を現役社員がまとめてみた.

3d クレスト ホワイトニングシート 偽物 効果 4, 水道管 敷設 工事 9, オイル上がり 修理 代 4, Oh, Did You 意味 4, 映画 ミュンヘン ネタバレ 4, 砂糖不使用ジャム なぜ 甘い 4, 代金引換 ゆう パック 書き方 4, Thermaltake 電源 評価 4, 死んだふり エモート Sky 8, 石浦 力士 喧嘩 6, 卒 園 Dvdジャケット 無料 6, 監視カメラ サーバー 自作 4, 導きの地 レベル7 4つ 12, Change 主題歌 山p 4, 美容院 イケメン 写真 5, アポロン グランドシート 代用 9, ホロスコープ 鑑定 仕事 5, 烏山 高校 ヤンキー 23, 50代 既婚男性 恋に落ちる 30, 荒野行動 歴代 バトルパス 銃スキン 5, Math Floor After Effects 4, 真 波 山岳 インターハイ 後 8, 顔 黄金比 論文 10, キルラキル Ambiguous Mp3 11, Cad 鉄筋 書き方 9,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *